弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

ぎっくり腰。予防も意識した日常生活を。

ぎっくり腰って何?


ちょっとしたきっかけでギクッと腰に激痛がはしり、動く事すらままならなくなってしまう、いわゆる”ぎっくり腰”。不自然な姿勢で物を持ち上げようとした時や、時にはくしゃみをしただけで発症する事もあります。
靭帯や筋肉などの損傷が原因の痛みや、椎間関節の捻挫、あるいは椎間板の損傷を伴うものなどがあります。

ぎっくり腰になってしまった!


ぎっくり腰

ぎっくり腰になった当日はお風呂など温める行為は避けて数日間は安静に過ごしましょう。
痛めてすぐは患部が炎症を起こしていることも考えられるので、冷却を第一選択としたほうが無難です。冷温やけどに注意しながら10分間冷やしインターバルを一時間ほどとりながら痛みが落ち着くまで冷やします。ただ、痛みが増強するようなら直ちにやめてください。
また、寝るときには仰向けでは膝を曲げて、横向きでは膝の間にクッションなどを挟んで腰への負担を減らすようにしましょう。

弊店でもぎっくり腰の方も多く来院されますが、痛めている程度により回復までの期間は異なります。一回で完全回復までとは難しい場合もありますが、来院時ヨロヨロと来られた方がスタスタと歩いて帰られる事もあります。

ただ、痛みの程度が強かったり、痛みの場所が特定できず寝ていても痛みがずっとあるなどの状況ならば、椎間板ヘルニアや子宮内膜症など婦人科系の病気である可能性も考えられますので早めに専門医に相談される事をおすすめします。

ぎっくり腰予防のために。


ぎっくり腰になるきっかけの一つである物を持ち上げるという動作。重い物はもちろん、軽いものでも腰で持ち上げようとせず、物を体に近づけて、しっかり膝を曲げてしゃがんで下肢の筋肉を使って持ち上げるようにして下さい。

また、くしゃみで発症する事もあるので、くしゃみをする際、腹筋に力を入れる事も有効な場合があります。

日常生活で腰に負担をかけている姿勢をとっていたら、繰り返して痛めるのも至極当然です。
電車に乗っていると「この若者は何でこんなに腰に負担をかけて座っているのだろう?」と思う場面をよく目にします。ご本人は(今のところは)楽に思っているのかもしれませんが腰からは悲鳴が聞こえてきそうです。

原因は重い荷物を持つなど急激な負荷がかかってしまったという場合もありますが、日常的に体にかかってしまっている負荷の積み重ねが原因となっている場合も多く存在します。姿勢の改善、ホルモンバランスの安定、質のよい睡眠をとる、ストレスをためないなど、日々の生活習慣を見直すこともとても重要です。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ