弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

4人に一人が頭痛持ち!?タイプ別で頭痛に対処。

4人に一人が頭痛持ち!?タイプ別で頭痛に対処。
4人に一人が頭痛持ち!?タイプ別で頭痛に対処。

4人に一人が頭痛持ち!?


頭痛でお悩みの方は多く、実に日本人の4人に一人は頭痛持ちとも言われているそうです。パソコンやスマートフォンを扱う機会が増加した事もその一因。画面を見ながらの長時間のデスクワークによる眼精疲労や肩こり・首こりが頭痛に繋がるケースも見られます。
また、不規則な生活習慣からくる自律神経失調も頭痛の大きな要因となっているようです。

季節の変わり目で重いコートやマフラーを身に着けたり、外気との温度差のある室内で過ごす事も頭痛を起こしやすいとか。

タイプ別で頭痛に対処


頭痛を大別すると「筋肉の緊張型頭痛」と「血管拡張頭痛」
多いのが「筋肉の緊張型頭痛」で特に女性に多いそう。

では「筋肉の緊張型頭痛」とは?
<特徴>
頭の重さを支えている肩や首の筋肉の緊張から起こり、側頭部・後頭部・若しくは頭全体で発生することも。めまいや手のしびれも感じる事があり、数日間続く事もあります。また、入浴すると楽になる点が「血管拡張頭痛」との違いです。

<原因>
悪い姿勢や長時間同じ姿勢でのデスクワークやスマートフォンの操作からくる眼精疲労やストレス、緊張、急な運動等により肩や首の筋肉が硬直する事により筋肉内の血流が悪くなり、乳酸などの老廃物などがたまるなどして痛みの神経が刺激されて起こりがちです。

<対策>
首や肩を温めて血行を良くしましょう。30分毎に立ち上がったり、軽くストレッチを行って体を動かす事も効果的です。また、まぶたを軽く押さえて離すのを繰り返すのも血行を良くするため効果が期待できます。その時、強く抑えたり揉んだりしてはいけません。

続いて「血管拡張頭痛」とは?

<特徴>
血管が拡張して周辺で炎症が起きる事により発生するタイプです。脈を打つような痛みで頭の向きを変えただけで痛みが増す事もあります。また、入浴すると悪化する場合も。

<原因>
ポリフェノールや化学調味料を多く含む食材の摂取や、過度の飲酒、外気との激しい温度差により起こりやすくなります。また、女性の場合は月経に関連して起こる事もあります。

<対策>
血管が炎症を起こしているため、まずは血管を収縮させるために首や喉、目の脇、後頭部を冷やしましょう。また、バランスの良い食事、健康的な睡眠サイクルの維持、空気のきれいな場所での深呼吸も大切です。


頭痛は上記2タイプに大別されますが、経験した事のないような痛みや、頻繁に頭痛が起きるようなら専門医に相談する事をおすすめします。

生活習慣を見直して頭痛解消を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ