弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

大音量もほどほどに。耳鳴りには早めのセルフケアを。

大音量もほどほどに。耳鳴りには早めのセルフケアを。
大音量もほどほどに。耳鳴りには早めのセルフケアを。

大抵は一過性であまり心配のない耳鳴り。ただし不快な程音が大きい、繰り返し起こったり継続して起きる、他の音が聞こえ辛い時は病院でのチェックが必要な場合があります。

特に女性に多いのは騒音性難聴や音響外傷。また、ストレスからくる低温障害型感音難聴の可能性も。内耳は音の振動を神経への信号に変換する重要な部分。構造も複雑で早めの処置が大切です。

イヤフォンでの大音量が招く「騒音性難聴」


通勤通学時は大音量で音楽を聴いている習慣のある方が気を付けたいのがこの「騒音性難聴」
キーンと高い耳鳴りがしてデジタル音が聞こえ辛くなるのが特徴です。イヤフォンやヘッドフォンで音楽を聴く場合、ボリュームは最大値の半分くらいまでに抑えましょう。騒音が大きい電車などでは乗る前の音量をキープするのがコツです。

ライブの後に鳴るなら「音響外傷」


自分の声も聞こえないくらいの音にさらされる場合もあるライブ会場。スピーカーの真ん前や音が反響する壁の前にいるとなりやすいのが「音響外傷」
会場を後にした直後から高い音の耳鳴り起こり、重症の場合、耳が聞こえなくなる事も。
大音量の場所で耳がおかしいと感じたらまずはその場を離れましょう。それができない場合、耳栓もひとつの手段です。

ストレスが原因?「低温障害型感音難聴」


突然耳がつまった感じがして低い音の耳鳴りが続く場合は「低温障害型感音難聴」である可能性が。内耳には内リンパと外リンパの2種の液体が入っていて、ストレスにより自律神経の働きが乱れ、リンパ液のバランスが崩れると起きると考えられています。
この場合、何より大切なのはストレスコントロール。このご時世、難しいかもしれませんが仕事量を調整し、きちんと睡眠をとる。これだけでも改善する場合があるようです。稀にメニエール病に移行する事もあるので事前に生活改善をおすすめします。

カイロプラクティック+生活改善で「快適」を手に入れましょう!
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのオンライン予約>
マイページログイン
ページトップ