弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。
期間限定<10周年の初カイロ>カイロプラクティック初回クーポンのご案内

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

自律神経も関係。人間の体温、限界値は何度?

自律神経も関係。人間の体温、限界値は何度?
自律神経も関係。人間の体温、限界値は何度?

平熱は何度?


皆さん、ご自身の平熱を把握してますか?
36度と言う方や36.5度と言う方、中には35度くらいの方も。個々人により多少の差はあれど、どんなに寒い冬でも暑い夏でも1年を通して概ね36〜37度あたりを維持しているかと思います。このように恒温動物の人間は自律神経の働きにより、一定の体温を維持できるように作られています。

42度以上は生命の危険


風邪をひくと発熱しますが、これは身体が発する注意信号。では人間はどこまでの高温に耐えられるのでしょうか?

生命の危険と言われているのが42度以上。細胞を作っているタンパク質が42度以上になると熱で変性し始めます。丁度ゆで卵のように固まって破壊されてしまうのだそう。またその他の重要な酵素の働きも止まってしまう事に。

高熱の際は兎に角、体表面から熱を排除する事。特に太い動脈が皮膚の表面近くをはしっている箇所、例えば頸動脈のはしる首筋、腋の下、足のつけ根等を氷で冷やすと効果的です。

もちろん低温も。


高温はもちろんの事、低温も危険な場合があります。
体温が33度以下になると新陳代謝が機能しなくなり意識がなくなり、28度以下になると臓器がその働きを止めると言われています。
ちょっとした発熱、ちょっとした低体温と油断すると思いもよらない結果になる場合もあるため、日々の生活習慣から見直す事も大切です。

カイロで自律神経を整えましょう!
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ