弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

足は組まない方が良い。では腕組みは?

足は組まない方が良い。では腕組みは?
足は組まない方が良い。では腕組みは?

つい腕を組んでしまう場面といえば?


それはもう「はて、どうしたものだろう?」と考えあぐねてしまう時。
目の前に横たわるどっさり仕事を如何にして片付けようかと考えてみたり、さて今日のお昼は何にしようか?と一日の最大の楽しみを前に、ついしがちなポーズ。
考え事をする際に思わず腕を組んでしまうのは精神を統一するための無意識の行動とも言われています。

無意識の防御態勢


腕を組むことにより自分の胸を抱える姿勢となり胸元が隠れ、心臓を庇うような体勢に。そんな人を見るとどこかしら防御態勢を取っているようにも見えてしまうため、近づき難かったり、声をかけ辛かったりするかもしれません。
腕組みというのは周囲の雑音や他人の存在を気にせず気持ちを集中させたい時につい出てしまう仕草とも言えます。

これもコミュ力のひとつ?


ただ、四六時中腕組みしているのも少々考え物。
例えば友人から相談事を持ちかけられているのに終始腕を組んでいると「聞いてくれているのかな?」と不安に思うかもしれませんし、日常的な会話の際もずっと腕組みされていると「気難しい人なのかな?」と思われかねません。
何事も時と場合を考えてコミュニケーション時のジェスチャーも変化をつけてみても良いかもしれません。
オーバーリアクション過ぎても難儀っちゃ難儀ですが。

足は組まない方が無難です。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのオンライン予約>
マイページログイン
ページトップ