弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

妊婦さんはコンタクトレンズを使ってはいけない!?

妊婦さんはコンタクトレンズを使ってはいけない!?
妊婦さんはコンタクトレンズを使ってはいけない!?

妊婦さんの制約


妊娠すると生活に様々な制約が生まれます。身重だからと称して中には習慣や風習として伝えられてきた中には迷信的なものもありますが、医学に基づく行動や食事の制限は守りたいものです。

その中に「妊娠中はコンタクトレンズの使用は避けた方が良い」という事は意外と知らないのではないでしょうか。
妊娠によりホルモン分泌が変化し、涙の分泌量が減少しドライアイを起こす可能性があるためです。

妊娠とドライアイ


通常、涙は上瞼の外側にある主涙腺で作られ、まばたきのたびに一定量を眼球表面に送りだし目を潤しています。コンタクトレンズという異物を入れても大丈夫なのは、涙が常に眼球表面を保護しているためです。
さらに涙は角膜に酵素や栄養を送り、ゴミや埃をも洗い流し細菌などの侵入を防いでいます。

涙は分泌後10%程度が蒸発し、役目を終えた涙は目の鼻よりの部分から鼻腔へと抜けます。
ところが、妊娠により涙の量が減ると、まばたきをしても分泌される涙の量が少ない為、角膜の上にドライスポットと呼ばれる乾燥した部分ができてしまうため、ただでさえ感染に弱い状態がさらに弱くなり、ドライアイとなります。
その状態に追い打ちをかけるようにコンタクトレンズと言う異物を挿入すると、角膜に傷がついたり、感染症を起こしたりする確率もさらに高くなってしまいます。

ホルモンバランスの崩れも影響


また、妊娠中はプロクラチンというホルモンのバランスが崩れて、角膜の厚さも変化していると言われています。
そこにこれまでと同じようにコンタクトレンズが入れば、ごろごろした違和感が合ったり、度数が合わなくなってめまいや頭痛などの症状が起こる場合があります。

妊婦さんもカイロプラクティックを。
カラダラボのマタニティカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ