弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

歯ぎしりしている時、どのくらいの力がかかっているの?

歯ぎしりしている時、どのくらいの力がかかっているの?
歯ぎしりしている時、どのくらいの力がかかっているの?

歯ぎしりってなんだろう?


歯ぎしりは寝ている時の癖の一つ。いびき等と同様、あまり体にとっては良いとは言えない癖でもあります。一般的に一晩に歯ぎしりをする平均時間は8時間睡眠で35分から40分程度。しかし、人によっては一晩中絶え間なく歯ぎしりをしているケースもあるそう。

歯ぎしりは歯や歯茎に負担がかかり、頭痛やアゴの関節障害などの原因になるばかりか、酷い場合は歯の半分近くがすり減ってしまう事もあるようです。

歯ぎしりの負担。


この歯ぎしり、歯には一体どれくらいの負担がかかっているのでしょうか。
歯ぎしりはレム睡眠などの浅い眠りの際に起きるのですが、起きている時に再現しようとしても同様に音を出すのは難しい。それ程、無意識のうちに相当な力で噛んでいるからとも言えます。

例えば私たちは煎餅を食べる時は約10キロ、食パン一枚は約30キロの力で噛んでいます。そして、歯ぎしりの際はなんと60〜80キロ。これでは歯がすり減ったり歯がグラグラしてしまうのも頷けます。

歯ぎしりは歯の詰め物が合わなかったり、ストレスが原因でも起きると言われています。あまりひどい方はご自身に合ったマウスピースを作ってくれるところもありますので、専門医のチェックをおすすめします。

歯ぎしりで肩こりや首痛にも。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ