弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

ビールなら大量に飲めるのはなぜ?

ビールなら大量に飲めるのはなぜ?
ビールなら大量に飲めるのはなぜ?

大量の水は飲めないけど。


業後の居酒屋、大きなジョッキに並々とつがれたビールを飲み干す方々の何と楽しそうな事。ところで、水をあれだけ飲めと言われたらとても無理ですがビールだと難なく入ってしまうもの。
この違いは一体何なのでしょうか。

処理方法の違い


水とビールは同じ液体でも体内での処理方法が異なります。水もビールも一旦胃の中に入るところまでは同じですが、その後、水は胃ではあまり吸収されず、少しずつ十二指腸から小腸、大腸へと流れ、吸収されるのは小腸と大腸の間の腸壁からだけなのです。

一方、ビールに含まれるアルコールは腸壁だけでなく胃壁からも吸収され、この時同時に水分も吸収されます。そのためアルコールは水に比べて吸収のされ方が格段に早いと言えます。

利尿作用も手伝って。


更にアルコールは炭酸ガスや砂糖を含むと吸収が早くなる性質があり、またアルコールの利尿作用ですぐに排泄されます。そのため、あれだけの量を飲めるのでしょう。

ビール腹にはなりたくない!
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ