弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。
プレミアムフライデー限定<金曜日の初カイロ>カイロプラクティック初回クーポンのご案内

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

一粒300メートルってどういう意味?

一粒300メートルってどういう意味?
一粒300メートルってどういう意味?

昭和のお菓子


江崎グリコのキャラメルの宣伝で「一粒300メートル」というキャッチコピーがありました。箱に描かれた走るマークからもグリコのキャラメルには300メートル走れる栄養があるのだという事は想像できますが、この300メートルの根拠はどこからきているのでしょうか。

江崎グリコのWEBサイトによれば、キャラメル一粒は15.4キロカロリーあるとの事。例えば身長165センチ、体重55キロの平均的日本人男性が分速160メートルで走るとします。
その際に使うエネルギーは1分間で8.21キロカロリー。一粒のエネルギーは15.4キロカロリーだから、それを8.21キロカロリーで割ると1.875分走り続けるエネルギーがある事になります。
分速160メートルなので160×1.875は300.12となり、約300メートル走る事ができるというわけなのです。

商品コピーから商品が誕生


グリコは「一粒300メートル」というコピーがあまりにインパクトがあり、語呂が良い為、それが嘘ではないようにキャラメルの成分が調整したそうです。
その根拠となったのが当時の担当者が陸軍の軍医に尋ね、そこから導き出されて、あのキャラメル一粒が出来上がったというから、何とも歴史が感じられるエピソードです。

ランナーさんもメンテナンスでお越しです。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ