弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

腰が痛い時は安静にした方が良い?

腰が痛い時は安静にした方が良い?
腰が痛い時は安静にした方が良い?

慢性的なストレスが原因で痛みが生じる場合も。


腰痛の中には脳が原因で起こるケースがあります。原因不明の腰痛患者の7割に脳の血流低下が見られ、脳の側坐核の機能が低下している事が判明したそうです。

通常、痛み信号が脳に届くと側坐核が「オピオイド」という鎮痛物質を分泌して痛みを軽減してくれます。
しかし、慢性的なストレスで側坐核の働きが低下すると痛みを強く感じてしまうのです。

この状態を改善するために効果的な方法が「適度な運動」
体を動かすと総会になるため、痛みにとらわれてストレスを感じ、側坐核の働きが低下するという悪循環を断ち切るきっかけになります。
同時に運動で全身の血流を改善し、筋力の低下も防ぐことで、更なる痛みを抑える事ができる場合があります。

ただし、横になっても痛みがおさまらない、動く事も困難、といった場合には我慢せず専門家に相談することをおすすめします。

カイロプラクティックで事前に予防を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ