弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

女性なら知っておきたい骨盤の3つの役割とは?

女性なら知っておきたい骨盤の3つの役割とは?
女性なら知っておきたい骨盤の3つの役割とは?

女性らしく丸みを帯びたヒップライン、すっきりした下腹部、すらりと伸びた背すじなど、どれも女性にとっては憧れのスタイルではないでしょうか。実はこれらと深くかかわっているのが骨盤。女性の骨盤の主な働きは大きく分けて3つ。

  • 体を支える
  • 内臓を守る
  • 産む

となります。

体を支える


骨盤の真ん中には仙骨という逆三角形の骨があり、背骨につながっています。骨盤は、この仙骨の両サイドに寛骨という大きな骨が組み合わさる事で出来ています。この仕組みにより背骨はまっすぐに立つことができるようになっています。

骨盤は上半身の重みを仙骨で受け、その後、寛骨を通じて2本の脚に分散して伝えています。つまり骨盤は仙骨と二つの寛骨という三つの骨が組み合わさる事で背骨を支え、上半身と下半身をつなぐと言う役割を担っているのです。

内臓を守る


例えば肺や心臓は肋骨によって囲まれており、頭には脳を守るためにヘルメットのような頭蓋骨があります。同様に骨盤にも大切な臓器を守るという役割があります。

骨盤の内側には直腸や膀胱という排泄を担う臓器、さらに女性の場合は子宮や卵巣といった生殖器が入っています。このため、女性の骨盤は男性の骨盤とは異なっており、女性の場合は男性よりもやや広い洗面器のような形をして腰全体を覆っています。そして、妊娠した場合には子宮に宿る胎児を守る役割も担います。

産む


子宮や卵巣などの生殖器を包んでいる女性の骨盤は「産む」ことに深くかかわっています。骨盤は一枚岩のように堅くて動かないという印象をお持ちになっている方もいるかもしれませんが、三つの骨が組み合わさった骨盤はカラダの状態に応じて、その形を変化させています。

最も劇的な変化は出産時。赤ちゃんを通すため大きく開くようにできています。また、微小な変化であるならば月経周期に合わせて少しずつ緩んだり締まったりを繰り返しています。例えば月経中はヒップサイズが大きくなり、終わると小さくなると感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この骨盤の変化はホルモンの影響によるものと考えられており、月経に伴い産むための小さな予行演習を行っているともいわれています。


このように骨盤は三つの大きな働きを持ち、女性のカラダの要ともいえるのです。

カイロプラクティックで骨盤チェック+骨盤矯正を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら

カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ