弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

骨盤底筋群を鍛えるには!?

骨盤底筋群を鍛えるには!?
骨盤底筋群を鍛えるには!?

骨盤は上は背骨とつながり、下は左右の脚とつながっています。その骨盤を正しい位置にキープするには骨盤底筋群はもちろん、その周辺の筋群の力も必要です。

骨盤底筋群は骨盤まわりのインナーマッスルとも呼ばれ、骨盤のゆがみとも関連している筋肉。特に女性は出産や加齢により衰えやすいため、尿もれや子宮下垂などを招く事も。産後、尿もれに悩む女性が多いのは出産により骨盤底筋群が傷ついたり、緩んだりする事が原因です。骨盤底筋群はゆるみやすいので女性は特にここを引き締める事を意識したいところです。

では、骨盤底筋群をはじめとした骨盤周辺の筋肉を鍛えるにはどうすれば良いのでしょうか。今すぐ始められるのはお尻の穴を締める事です。お尻の穴は、お腹・太もも・脚・腰・背中など各部位につながる箇所です。筋肉は連動して作用しているため、ここを引き締める事で他の筋肉も自然と鍛えられるようになります。

お尻を締めるとお腹にも力が入ります。これは腹直筋や腹横筋というお腹の正面や横の筋肉を強化している状態。そしてお尻の穴を締める際に使うのが肛門括約筋と呼ばれる筋肉です。肛門括約筋と腹直筋とは連動しているため、お尻の穴を締めると連動して腹直筋も締まるのです。

日常生活の中で時折気が付いた時にでも、お尻の穴を締めるようにしてみて下さい。それがトレーニングにも繋がります。

カイロプラクティックとトレーニングで事前に予防を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら

カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ