弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

ハイヒールとローヒール、どちらの方が足が疲れるの!?

ハイヒールとローヒール、どちらの方が足が疲れるの!?
ハイヒールとローヒール、どちらの方が足が疲れるの!?

かかとが低いローヒールの靴が楽な方もいれば、辛いという方もいます。逆に、ハイヒールは痛みが出て履けないという方もいれば、ハイヒールの方が楽という方もいます。また、ハイヒールに慣れている女性がムートンブーツを履くとふくらはぎが疲れるという話を耳にしました。

実はハイヒールはかかとが上がっているぶん、自然に重心は前に移動した状態となっているため、歩く際、重心を前に持っていく必要がありません。一方、ローヒールの靴で歩くと、重心を意識的に前に運ぶ必要があります。この時に使われる筋肉は主にふくらはぎの筋肉であるためローヒールの靴の場合には、この筋肉を酷使する事になります。普段ハイヒールに慣れている人がローヒールの靴を履くと、ふくらはぎがパンパンに張ってしまうのはこのような理由からです。そのため、一概にハイヒールよりもローヒールの靴の方が足が楽だとはいえない場合があります。

ランニングを始めたばかりの人が、見た目の良いマラソン専用のシューズを買ってしまい、ゆっくり走ったところふくらはぎを痛めたというケースもあります。本来、かかとの傾斜の少ないハイスピード用のシューズを履いた場合には、重心の前への移動がスムーズにできる程度のハイスピードで走らなくてはなりません。しかし、遅いスピードで走るとふくらはぎの筋肉が酷使されます。これはローヒールの靴と同様の原理で、ふくらはぎの故障へとつながるのです。

また、ローヒールの靴で足が疲れる原因は、土踏まずのアーチの問題も考えられます。つま先が曲がり、かかとが上がった状態になると足裏が緊張してアーチが強化されますが、ローヒールの靴では土踏まずのアーチは、ヒールがある状態よりも大きく落ち込んでしまい、足裏や足の指にも負担がかかります。これがローヒールの靴を履いても外反母趾になったり、足指が痛くなる理由の一つでもあります。

カイロプラクティックで調整を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ