弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

貧血でお悩みですか?

貧血でお悩みですか?
貧血でお悩みですか?

貧血になりやすい人は?


貧血、特に鉄欠乏性貧血は女性に多く見られ、子宮筋腫や子宮内膜症、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんなどの出血性の病気がある場合には重症になりやすいといわれています。

体の中には貯蔵鉄という足りなくなった時のための鉄分が蓄えられています。出血があると体内で血液を作ろうとしますが、体内に蓄えられた鉄分が不足していると赤血球が作れなくなります。

赤血球は体内に酸素を運ぶ役目を担っていますから、赤血球が作れなくなると貧血になり、全身の機能が低下します。

鉄分を多く含むものを意識して食べる。


鉄欠乏性貧血はその名の通り、鉄分が不足して起こります。貧血を治すためには鉄分を多く含むものを意識的に食べるようにする事が必要です。しかし、鉄分は胃での吸収があまり良くない栄養成分です。その中でもあさりやレバーなどの動物性食品は比較的吸収率が良いといわれています。

因みに貧血がひどい間は、食事の時にコーヒーや紅茶、緑茶など、タンニンを多く含むものは避けた方が良いでしょう。タンニンは鉄分の吸収を妨げてしまうため、貧血に拍車をかける場合があります。

鉄分が十分に取れない場合はサプリも検討。


食事などでも十分に鉄分がとれない時は、市販のサプリ等で鉄分を補うのも一つの手段です。しかし、体内にある貯蔵鉄の分までは補えません。血液検査で回復した事を確認したら、貯蔵鉄の分までしっかり食事で補うようにしましょう。

食事療法に加えてカラダラボのカイロプラクティックを。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ