弊店カラダラボは銀座のみで運営しており、他地域の同名店舗は全く別の企業・団体さまとなります。

カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

女性ホルモンの種類と働きは?

女性ホルモンの種類と働きは?
女性ホルモンの種類と働きは?
ホルモンは体の健康を維持するために大切な役割を担っています。なかでも卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類のホルモンは、女性の体に大きな影響を与える女性ホルモンです。

様々なところから分泌されるホルモン


ホルモンは体の調子を一定に保つために分泌されている物質です。脳の視床下部・下垂体・甲状腺・膵臓など、様々なところから分泌されており、男性ならば精巣、女性なら卵巣からも分泌されます。その種類は40種類以上もあり血液によって全身に運ばれます。

なかでも女性の体を支配しているのは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモン。月経や妊娠・出産など、女性特有の体の機能や、女性らしい丸みを帯びた体つきなどは、この女性ホルモンの影響を受けています。

そして、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンという下垂体から分泌される二つの性腺刺激ホルモンが、それぞれ卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌をコントロールしています。

ホルモンは多くても少なくても不調のもとに。


体の調子を保つ働きがあるホルモンですが、多く分泌された方が良いわけではありません。それぞれのホルモン量のバランスが保たれている事が大切です。もともと微量しか分泌されないホルモンなので、ほんの少しの量の変化が体調に大きく影響を与えます。

ホルモンバランスが崩れると、月経不順や無月経、その他様々なトラブルのきっかけとなる事があります。更年期に体調が崩れやすくなるのもホルモンバランスの崩れが原因で起こる症状です。ホルモンのバランスは、不規則な生活や食生活の乱れ、ストレスなどによって乱れやすくなります。ホルモンのバランスを崩さないように心がけることは、心身ともに健康に過ごすためにとても大切な事です。

ホルモンバランスを整えて快適な生活を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのオンライン予約>
マイページログイン
ページトップ