HOME > ケースファイル > ぎっくり腰|30代 女性「前日の夕方、くしゃみをした際に腰に痛みが走り、徐々に痛みが増している。」

ぎっくり腰|30代 女性「前日の夕方、くしゃみをした際に腰に痛みが走り、徐々に痛みが増している。」


>>  カイロプラクティックのご案内はこちら

症状(ぎっくり腰)

前日の夕方、くしゃみをした際に腰に痛みが走り、徐々に痛みが増している状態。

急に動こうと体勢を変えると痛みが再現する。

また、前日の夜お風呂に入り温めた。

初見(ぎっくり腰)

痛みのため立位において腰を真っ直ぐにする事が出来ず、脊柱の側方への傾き(逃避性傾斜)が見られる。

歩行中も痛みがあり、うつ伏せも困難。立位に比べると座位は容易。

左の骨盤が外側に捻じれ、周囲の梨状筋・中殿筋・腸腰筋にも緊張が見られる。

施術(ぎっくり腰)

1回目はアイシングをし、骨盤部に軽めのアプローチ。周囲の中殿筋・腸腰筋・脊柱起立筋などが過剰に緊張し、動作を制限しているので調整。

炎症を起こしている場合、2・3日は痛みが続くので、その間お風呂につかるのはやめて、シャワーにして頂く。

2回目は立位・座位・歩行においての痛みは減少していた。再度骨盤部へのアプローチを行い、緊張が見られたので腸腰筋の調整も行った。

5回目の施術で腰の痛みはほぼ消失。

ただし、腰部・骨盤部に未だアンバランスさが残っているので調整すると共に、朝晩の腰のストレッチを続けて頂いている。

カイロプラクティックのご案内はこちら

HOME > ケースファイル > ぎっくり腰|30代 女性「前日の夕方、くしゃみをした際に腰に痛みが走り、徐々に痛みが増している。」
ご予約ナビ<カラダラボのオンライン予約>

戻る
戻る
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ