カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

「産後」は骨盤矯正のチャンス

産後のカイロプラクティック(施術の流れ)はこちら  ▶
「産後」の骨盤ってどうなってるの?
出産時、産道を広げるためのホルモン(リラキシン)の影響で骨盤まわりの靭帯が緩み、そして産道を赤ちゃんが通ることにより骨盤が広がります。

産後、骨盤が自然に元の位置に戻らずゆがみが定着してしまった場合、下半身の血行を悪化させ、むくみや冷え性の原因にもつながる場合があります。

気になる「産後」の変化
気になる「産後」の変化

このところ、産後のお母さんへの施術やお問合せの機会が増え、このようなお話をよく伺います。

<腰痛がひどくなった>
腹筋など筋肉の弱化や骨盤の前傾による腰部への負担増が考えられます。
<おしりまわりが大きくなった>
骨盤のゆがみ・殿筋の弱化が考えられます。
<トイレが近くなった>
骨盤付近の神経的影響が考えられます。
<太りやすくなった>
ホルモンバランスの変化が考えられます。

骨盤の開きは自然に戻る場合もありますが、骨盤の開きの大きい方は戻りにくい場合もあります。

ご自身の骨盤のチェック(産後の方は特に)とともに、その結果もし開いているようでしたら、定着してしまう前に骨盤矯正をお受けすることをおすすめします。

産後のカイロプラクティック(骨盤矯正)のご案内はこちら


カラダラボの期間限定 初回クーポン
ご予約ナビ<カラダラボのネット予約>
マイページログイン
ページトップ