カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

マタニティライフにカイロプラクティックを。

マタニティカイロプラクティック(施術の流れ)はこちら  ▶

妊娠期間中のカイロプラクティック
妊娠期間中のカイロプラクティック
「妊娠期間中にカイロプラクティックを受けても大丈夫ですか?」とのお問合せをお受けします。

答えは<可能>です。現在カラダラボでも妊娠初期からお腹が大きくなった方までお越し頂いております。また「妊娠」という大きな変化の最中であるからこそ、カイロプラクティックによるメンテナンスを行い、万全の体制で出産に臨みたいものです。

もちろん施術を行う事への不安がある方もいらっしゃるかと思いますが、事前にじっくりお話を伺った上で、十分にご説明させて頂き、ご自身の状態に合った施術を行いますのでご安心下さい。

「妊娠」という大きな変化妊娠中期以降、お腹が大きくなるにつれ、腰痛・肩こり・頭痛・背中の張り・首の痛み等々を訴える方も多いかと思います。

お腹が大きくなり、そして前にせり出す事により、背骨のS字カーブにも変化が出て、靭帯・筋肉にも負担がかかるようになります。

また、運動不足による筋力不足や、重心の変化による姿勢の変化等、大きな変化に起因して上記の状態も現れ易くなります。

マタニティライフにカイロプラクティックを。
マタニティライフにカイロプラクティックを。
そんな変化の時期であるからこそ、マタニティライフにカイロプラクティックを取り入れてみては如何でしょうか?

カラダラボではまず背骨のS字カーブを確認し、バランスを崩している箇所の確認・調整を行います。首・肩に関しては仰向け・座位での施術、骨盤・背中に関しては横向き・うつ伏せにて施術を行います。

うつ伏せ時にはマタニティ用のお腹を圧迫しないクッションを利用しますのでご安心下さい(うつ伏せが苦手な場合は別の方法を採りますのでお気軽にお申し付け下さい。)

また、下肢の静脈を圧迫するケースもありますのでむくみ易くなる可能性もあります。その場合は足・膝・股関節などの調整のあと、下肢の筋肉調整を行います。

もちろん施術の際は前述のように、事前にじっくりお話を伺った上で、十分にご説明させて頂き、ご自身の状態に合った施術を行いますのでご安心下さい。

妊婦さんに合わせた施術環境 うつ伏せ可能なマタニティ用クッションに加え、安定感のある幅の広い施術台もご用意しております。

また、お二人目以降のご出産の場合、お子さんとご一緒にお越し頂く事も多々ございますが、その場合はお子様もご一緒に施術室にお入り頂き同室内で施術を行えるよう、バウンサーやマットもご用意しております。さらにカラダラボは予約制であるため、比較的周りを気にせず施術をお受け頂けます。

マタニティカイロプラクティックのご案内はこちら

カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ