カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

産後|38歳 女性の場合

症状
  産後で骨盤の歪みが気になるとの事で産後4ヶ月目に来院。

  また、足もむくみやすく、膝の違和感、O脚も気になるとの事。

初見
  仙骨には回転性の変位が見られ、腹筋・殿筋が弱化。左の股関節が内旋しており、左大腿骨から足関節のラインが大きく外側にはり出していた。

  また、頚部は生理的な湾曲が減少し、首の後屈に制限がある。

  胸背部は前方移動した頭の重さ、肩のユニットの前方への丸まりにより筋肉の固さが存在。

施術
  仙骨へアプローチし骨盤の安定を図る。

  また、左の股関節の内旋を調整する事で膝への負荷を減らし、上背部に可動をつけながら頚部の湾曲を取り戻す。

  産後で弱化してしまっている腹筋など骨盤周囲筋の筋力トレーニング、座り方など生活習慣での改善点をアドバイス。

  7回目の施術で膝、股関節の違和感はほぼ消失。現在は第2子出産後の産後調整を経て、全体のバランス改善を図りながら定期的に施術中。

  ※産後の骨盤矯正を行う時期につきましては、自然分娩の場合はご出産直後から、また帝王切開の場合は2週間程度様子をみてからの施術をおすすめしています。
産後のカイロプラクティック(骨盤矯正)のご案内はこちら

カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ