カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

強力な胃酸!その上を行く胃袋!?

強力な胃酸!その上を行く胃袋!?
強力な胃酸!その上を行く胃袋!?

金属をも溶かす強力な胃酸


胃に入った食物は、強力な塩酸とそれにより活性化されたタンパク分解酵素ペプシンの作用により消化されます。この胃酸、強力な上に分泌量もかなり多く、多い人では1日3リットルにも及びます。
そんな金属をも溶かすほど強力な胃酸、果たして胃袋は溶かされないの?

胃壁を覆う粘膜


胃壁には粘膜腺があり多量の粘液が分泌されています。この粘液により粘膜の表面が保護されているため胃壁は無事なんだそう。
ではこの粘液はどのように作られているの?と言うと、その一翼を担っているのがプロスタグランディンというホルモン。このホルモンの製造が妨げられるとたちまち粘液は減少し、粘膜は胃酸の攻撃にさらされる事に。

もし粘膜防壁が破れたら?


頭痛や炎症を抑えるアスピリン。
アスピリンを飲んで胃が痛くなる経験をされた方もいるのではないでしょうか。これは実にアスピリンがプロスタグランディンの製造を妨げたがために起きた現象。
もし粘膜防壁が破れた場合、胃酸の攻撃にさらされた粘膜は消化され、剥がれ落ちる。が、生き残った働き者の細胞がすぐに処置を開始し数分ではがれた傷口を修復、早々に復活を遂げるのです。

SOS。修復作業が間に合わない!


通常は早々に復活するものの、粘液製造ホルモンのバランスが崩れた状態となると話は別。例えばアルコールの過剰摂取や過度のストレス蓄積によりホルモンバランスが崩れていると胃壁の消化が進んでいるのにもかかわらず修復が間に合わず消化されてしまう事態に。
その結果、胃潰瘍の完成という憂き目に。

ストレスやアルコールとも上手にお付き合いしたいものです。

身体の不調もストレスの一因に。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ