カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

食物が便として排泄されるまでにかかる時間は?

食物が便として排泄されるまでにかかる時間は?
食物が便として排泄されるまでにかかる時間は?

消化器の働きは?


毎日快便の方から、便秘気味で辛さを訴える方など排泄に関しては人それぞれですが、一体どれくらいの時間をかけて、食べた物は排泄されるのでしょうか?

食べ物の経路。


食べた物は大体2〜3時間程度胃の中に留まり、消化液や蠕動運動によって砕かれ、次第に十二指腸から小腸へと押し出されていきます。

小腸に到達した消化物は更に消化され、栄養分を吸収されながら、約6時間かけて小腸と言う6〜7メートルもある長い管腔を通過します。

その後、大腸には小腸でほとんどの栄養分が吸収された届く事になります。大腸は上行結腸、下行結腸、横行結腸、S状結腸の部位からなり、やがて直腸、肛門に至ります。この約1.5メートルの結腸部分を残りが通り抜けるのに必要な時間は5〜6時間。

こうして口から入った食べ物は合計10数時間かけてS状結腸に辿り着き、この後、残りは大腸の働きにより直腸に送り出されます。

直腸に入った際の刺激が感覚神経を通じて脊髄の排便中枢に伝わり、やがて肛門の筋肉が反射的に緩みもよおすと言う流れです。

食材によっての差も。


ちなみに消化管内を通過する時間はあくまでも平均の時間。食べ物の種類によりさらに時間を要する事もあります。
例えば牛乳が胃の中に留まっているのは1時間、脂肪分の多い食事は5時間以上留まる場合もあります。また、体調によっても時間が異なるようです。

毎日快便を目指して!
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ