カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

いつも食べているキャベツは万能選手?

いつも食べているキャベツは万能選手?
いつも食べているキャベツは万能選手?

キャベツの持つ数多くの薬効


キャベツは体の調子を整えたりと数多くの薬効を持つ野菜のひとつ。ビタミンCや食物繊維が多い事は既に広く知られていますが、さらに多くの成分がキャベツの薬効の素になっています。
キャベツが消化を助ける事は「キャベジン」と言う名の薬があるようにキャベツに含まれるミネラルの塩素と硫黄、そしてビタミンUは消化を助けて腸の動きを活発にし、さらには胃腸を浄化する作用も。

トンカツの付け合せには山盛りの千切りキャベツが定番。こってりとした揚げ物にはさっぱりとしたキャベツは味の相性も良く、食後の胃もたれや胸やけを防ぎます。
また、キャベツには血液凝固作用のあるビタミンKも含まれているため、潰瘍などのただれや皮膚の傷、やけどにも効果があると言われています。

解熱効果も。


さらにキャベツには解熱効果もあるそう。実際どのような成分によるものかはわかっていませんが、熱を冷ましたい箇所にキャベツの葉を揉んで当てておくと、やがて葉が熱を吸収してしんなりするそうです。

食べ方も一工夫


ビタミンUは外側の緑の濃い部分に多く、ビタミンCは芯に多いため丸ごと利用するのがおすすめです。新鮮なキャベツは巻きがしまってずっしりと重く、葉につやがあるもの。下の切り口は割れや変色が無く乾燥していないものが新鮮です。

生のままサラダにするのも良いですが、薬効を実感できるのはジューサーにかけるか、清潔な布巾で包んで絞り、ジュースにして飲んだ場合。青臭さが気になるようならトマト等と混ぜると口当たりが良くなります。

胃腸を整えて快適な生活を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ