カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのは何故?

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのは何故?
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのは何故?

お腹、ゴロゴロしませんか?


一般に日本人はカルシウムの摂取量が不足気味だと言われています。一般成人で600ミリグラム/1日のカルシウム摂取が必要と言われていますが、牛乳の場合、600ミリリットルで600ミリグラムのカルシウムが摂れるそう。
骨粗しょう症予防も念頭に、牛乳とは上手く付き合いたいものです。

ところが、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ鳴りだし、下痢になってしまう方が結構いらっしゃいます。日本人の場合、5人に1人がこのような症状らしく、それも男性に多いと言われています。

乳糖不耐症


この症状は消化不良の一種で「乳糖不耐症」と言います。
牛乳の乳糖は小腸のラクターゼという乳糖分解酵素でブドウ糖と果糖に分解されますが、ラクターゼは出にくくなっている方は、小腸で分解されなかった乳糖が大腸に運ばれ、細菌によって分解されます。
この時、乳酸や炭酸ガスが発生し、それらが大腸を刺激、その結果、腹痛や下痢を起こします。

このラクターゼ、生まれた時から誰の小腸にも存在するのですが、その後の乳糖の摂取量の多寡により、大人になるにつれ減少する傾向に。牛乳や乳製品をあまり摂らない日本人の場合、ラクターゼの働きは欧米人の1/10と言われています。

乳糖不耐症の方は牛乳を一口ずつ噛むように飲むとお腹がゴロゴロ鳴りにくくなります。また、乳製品と言ってもチーズやヨーグルトは乳糖が一部分解されているのでおすすめです。

ちなみに乳児の場合、乳糖分解酵素は多いですが、砂糖の主成分のショ糖を分解する酵素はまだ少ない為、乳児に砂糖を含む食事を与えないようにご注意を。

胃腸を整えて快適な生活を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ