カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

頚部脊椎症のハナシ。

頚部脊椎症のハナシ。
頚部脊椎症のハナシ。

頚部脊椎症の症状


中高年者が肩こりや首の張り、痛み、指のしびれを訴える場合には、頚椎の加齢変化である頚部脊椎症による事が多く、首を動かしたときに腕や手指の決まった部位にひびく痛みを感じるようになります。
箸が使いにくい、字が書きにくい等の手指の細かい運動に支障がでます。これらは神経根の圧迫による症状ですが、さらに歩行不安定などの脊髄圧迫症状が徐々に進行する場合があります。

頚部脊椎症はどんな状態?


上下の頚椎椎体は椎間板で結合されていますが、加齢により椎間板が狭くなり、前方、側方、後方に骨棘ができます。後方に出来た骨棘が増大すれば脊髄圧迫の原因となる場合があります。また、頚椎では下位椎体側方に隆起している骨突起が上位椎体と接触して関節に似た形で結合しています。この関節にも骨棘が形作られ、神経の出口である椎間孔の前壁を狭くします。さらに椎間関節にできた骨棘は椎間孔の後壁をも狭くします。
椎間孔が狭くなると神経根が圧迫され、腕や手指に痛みや麻痺が起きるのです。

対策は?


頭の重みが頚椎にかかりっぱなしでは椎間板や椎間孔はより狭くなり、症状が悪化する可能性があるため、頚部の負担を軽くする休息と姿勢が重要です。
我慢できない痛みが続き、日常生活に支障が出る場合には外科的手術が必要なケースがあります。

カイロプラクティックで事前に予防を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ