カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

悪玉菌と善玉菌がカギ!?オナラの疑問。

悪玉菌と善玉菌がカギ!?オナラの疑問。
悪玉菌と善玉菌がカギ!?オナラの疑問。

「回数が多い」「強烈に臭い」などのオナラの悩み。ニオイと回数を減らすためには?

ニオイの元凶は腸内の悪玉菌。


そもそもオナラの多くは口からのみ込んだ空気。しかし、空気は無臭なのになぜオナラは臭いのでしょうか?
オナラの成分を分析すると99%は窒素や水素、二酸化炭素など無臭のものばかり。残りの1%にも満たない微量の成分が体内で加わる事で悪臭を生み出すのです。

悪臭の元凶は腸内にいる「悪玉菌」が脂肪やたんぱく質を分解する時に発生させるガス。口から入った空気が腸内に入り、便と一緒にいるときにニオイ付けされてしまうのです。

ニオイを軽減するには悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす食材が効果的。便のニオイを軽減させ、オナラに移るニオイが軽くなります。また、食物繊維が豊富な野菜は便通を改善し、オナラに悪臭が付く時間を短縮させます。

歯を噛みしめる癖があると回数が増える!?


人は唾液や水を飲む時にオナラのもとになる空気ものみ込んでいます。無意識に歯を噛みしめる、噛み続ける癖のある方は唾液の分泌が多くなります。その結果、空気をのみ込みやすくなるため、お腹のガスが増えてオナラの回数が多くなります。

噛み続ける癖のある方は意識して上下の歯を話して深呼吸してみて下さい。早い方なら1週間ほどでオナラの回数の改善が実感できる場合があります。

カイロプラクティックで体質改善を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ