カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

骨盤のゆがみが背中の凝りや腰痛に!?

骨盤のゆがみが背中の凝りや腰痛に!?
骨盤のゆがみが背中の凝りや腰痛に!?

骨盤のゆがみが背中や腰の痛みにつながる事も多くみられます。これも骨盤の体を支える機能の低下による結果。腰痛などを訴える方の中には骨盤周辺の筋肉の凝りが原因になっている場合も多いようです。

例えば骨盤が左に傾いているとすると左の骨盤を引き上げる腰方形筋は何とか骨盤を正そうとして緊張した状態になります。そして右は緩んだままになってしまいます。このアンバランスを長く続ける事によって、左の腰方形筋は凝り固まり痛みにつながってしまう場合があります。

骨盤のゆがみで注意しなければいけないのは、ゆがみがあるのに痛みや不調などが出ていないからと、放っておいてしまう事。骨盤がゆがんでいるのに、そのまま長時間同じ姿勢を続ければ、一方だけに重心がかかりやすくなるという悪循環にもなります。ゆがみをそのままにしておくと、さらにゆがみを強めてしまうのです。そのため、自分のゆがみを知って酷くならないうちに直していく事をおすすめします。

自分の体のゆがみを知るには、まずは鏡の前でチェックを。肩の高さや首の傾き、腰骨の位置などを実際に目で確かめて体の癖を知る事から始めてみましょう。

ゆがみを知って日常の体の動きの癖を直すように心がける事で改善を目指しましょう。

カイロプラクティックで骨盤矯正を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ