カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

足を組むと体はゆがむって本当?

足を組むと体はゆがむって本当?
足を組むと体はゆがむって本当?

足を組む癖があるとゆがみは大きくなる。と言われていますが果たして本当なのでしょうか?

骨盤の右側が後傾している人は、右足を上にした方が足を組みやすいのではないでしょうか。座った時には後傾した右側の骨盤は、股関節の位置が左側の前傾した骨盤よりもさらに前方にくるため、座った時にも右足の方が組みやすくなるという仕組みです。

では、どんな時に足を組むのでしょうか?

骨盤にゆがみが無く上半身を支えてくれていれば、足を組みたいと思わないかもしれません。足を組みたいと思う時は、基本期には骨盤に荷重がかかっていない時、例えば背もたれに寄りかかっている時や、机に肘をついている時、背もたれが無くても低すぎる椅子に座って骨盤が上を向くように寝てしまっている時、そして寝ている時などです。

また、座っている時は両方のお尻に均等に体重をかけているわけではなく、常に左右に体重を移動させながら座っています。無意識に組みやすい方の足で足を組むのは、骨盤のゆがみによって左右の体重移動に偏りが発生した際に、股関節が前方に位置して長くなっている組みやすい方の足を組むことにより姿勢を安定させようとしているのです。

つまり、足を組む行為というのは、ゆがんだ重心のバランスを補正するために体重を片側にかけたり、左右差のある坐骨の高さを調整しようとするための無意識の行為ともいえます。

このことから、骨盤がゆがんでいる人ほど足を組みたがるという傾向が見られます。

カイロプラクティックで調整を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ