カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

トイレを我慢するトレーニングを試してみては?

トイレを我慢するトレーニングを試してみては?
トイレを我慢するトレーニングを試してみては?

おしっこを5秒、10秒と我慢してみる。



頻尿には2つのタイプがあります。ひとつは膀胱の機能が弱っておしっこを溜められないタイプ。もうひとつはトイレに行かないと漏れるかもしれないと気になって先走りしてトイレに行くタイプ。

膀胱機能が弱っている原因としては、間質性膀胱炎や過活動膀胱などがあります。漏れる恐怖でトイレに行く回数が多い方は、幼い頃から外出前などに「トイレに行っておこう」と言われて習慣になっていたり、過去におしっこを漏らしたことがあってトラウマになっている場合が多いようです。

どちらのタイプでもおしっこを我慢するトレーニングを試してみては如何でしょう。これは、膀胱におしっこを溜める練習です。トイレに行きたくなったら5秒だけ我慢してみる、それができるようになったら10秒我慢してみる。こうして少しずつ数か月間かけて時間を伸ばしていくと、時にはやっぱり行かなくて大丈夫となることもあってトイレの回数が減る場合があります。

テレビを見ている時ならばCMまで我慢する、本を読んでいる時ならば区切りのよいところまで読むなど、楽しい事で気をそらすと効果的です。

膀胱におしっこを溜められないタイプなら膀胱が広がっておしっこを溜められるようになりますし、先回りしてトイレに行っていた人も「今は大丈夫」と思えるようになるかもしれません。

ただし、頻尿の原因によってはこのトレーニングが向かない場合もあります。我慢できない時は医療機関を受診して下さい。

カイロプラクティックとトレーニングで事前に予防を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ