カラダラボのアプローチ+カラダなハナシ

> >
アプローチ

肥満の基準は?その計算式。

肥満の基準は?その計算式。
肥満の基準は?その計算式。

肥満とは身長に対して一定以上の体重がある事


体の脂肪が増えてBMIが25.0をオーバーした状態が肥満とされます。

標準体重は身長から割り出しますが、現在よく使われているのはBMIという計算式に当てはめる方法。

標準体重(Kg)=身長(m)×身長(m)×22

BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

 普通肥満
BIM18.5未満18.5以上25.0未満25.0以上

また、最近は体重だけでなく体脂肪率も重要とされます。成人女性の体脂肪率の標準は20〜25%です。30%を超えると糖尿病や高血圧・心臓病・肝臓病など、多くの生活習慣病などを招く可能性が高まります。

正確な体脂肪率を測るのは難しいのですが、家庭用で測れる簡易体脂肪計である程度自分の体脂肪を把握しておくことも大切です。

肥満の原因はほとんどが食べ過ぎや運動不足ですが、産後や更年期のホルモンのアンバランスが原因の場合もあり、急に太った時は疾患の可能性も考えられます。

バランスの取れた食事と適度な運動がベスト


肥満は病気ではありませんが、様々な疾患を引き起こす要因になり得ます。生活習慣病に関わるものですから、少しでも標準体重に近づける事をおすすめします。

肥満の解消には食事と運動の両方が必要です。どちらか一つだけを行うのは体調を崩すことになり、効率よく脂肪を減らすことができません。

まず、食べ過ぎない事、バランスの良い食事をとることが大切です。また、良く食べる外食のカロリーの目安を知っておくのも良いでしょう。

運動はカロリーを消費し、筋肉をつけて太りにくい体を作ることができます。ウォーキングなど長く続けられ、ストレス解消にもなるものがおすすめです。

カイロプラクティックとトレーニングで事前に予防を。
カラダラボのカイロプラクティックのご案内はこちら
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ