ウララボ

> >
ウララボ

甘くないチャーシューを。

チャーシューを買ってはみたもののグラム換算268円、実量430グラムではっとしてぐっときたものの自身の凡ミスに父ちゃん情けなくなって涙出てきたのは先日の話。

気分を切り替えて頂いたところ、美味しい。実に美味しいが個人的には少々甘すぎる。そんなに甘くなくていいんよ。と画像検索したところ、市販の商品はどれも甘そう。

はてどうしたものかと文字列検索に戻るとチャーシューの候補に「レシピ」とある。

自分でも作れるの?でも難しいんでしょ?と小林カツ代さんのレシピを眺めているとそのわかりやすさに自分でもできるんじゃないかと勘違いしてきた。

長ネギ、ある。生姜、ある。にんにく、ある。
醤油もみりんもお酒もあるし豚肉さえあれば始められる状況、そういえばこの間スーパーで既に縛られた豚肉も見た気がする。

時は来た。とチャリでスーパーへ。
縛られた豚肉を購入し帰宅、長ネギ・生姜・にんにくを茹でつつ野菜室に眠っていた玉ねぎも入れていい?あ。昆布もあるよ。いりこもあるよ。出汁だ出汁だ!とまとめて鍋へ。
カツ代さんのレシピによればまずは焼き色をつけるとの事。
トングを片手に焼き色を付けつつ、ワイルド腕まくりでアメリカンなダディーを気取ったはいいものの院長氏は出かけていたので一人っきりのぽつねんダディーだぜ。

こんがり焼き色ついたところで出汁のお風呂へ。
ここからとろ火で約2時間、灰汁取りに湯足しにと甲斐甲斐しくお世話。

1時間半あたりでタレの準備を。
レシピには醤油・みりん・お酒を混ぜて。とありましたが生姜も入れたくなり少々入れて煮上がった縛られ豚を5分ほどタレに浸す。
この頃、縛られ豚は箸がすっと入るほどに柔らかく。

次はジップロックにタレと豚を入れ漬け込むらしい。
ほうほうとジップロックにタレ、そしてトングで豚を持ち上げジップロックへ。

ここで事故発生。
ジップロック、穴空いてやがりましてジップでもロックでもないじゃないかと呆然としつつも醤油はさっき使い切っちゃったのでもうない。

まいいか。
だって初めてなんだしね。
美味しくなくても次に活かそうねダディー。と気持ちを切り替え、かろうじて端っこに残ったタレに10分ほど漬け込み、試食に切り分け。
うほ。柔らかい!試食のつもりが辛子持ち出し台所でハムハム。

院長氏からはなかなかの高評価。
また食べたい!と仰るもこれビギナーズラックとやらで次は別の味になるやつやできっと。

皆様如何お過ごしですか?
総務@カラダラボでした。

#チャーシュー
#焼き豚
#自作
#小林カツ代
#ラーメン二郎 ?
#穴あき
#ジップロック
#圧力鍋欲しくなる

#カラダラボ #カイロプラクティック #銀座 #ginza #整体 #chiropractic #女性専用 #骨盤矯正 #産後 #マタニティ #ダイエット #猫背 #腰痛 #女性専門

2018年5月22日


ご予約ナビ
戻る
戻る
> >

ご感想

当記事へのご感想は下記フォームよりお願い致します。
皆様からのご感想は全て読ませて頂いておりますが、件数が多い時は個別にご返事を差し上げることができかねる場合がございます。
また、お寄せ頂いた貴重なご感想は当サイト上で掲載する場合がございます。予めご了承ください。

当フォームからの「ご感想」はカラダラボへのメール送信となります。
ブログで一般的な「コメント」とは異なり、サイト上での即時公開はございませんのでご安心下さい。
お名前(必須)

メールアドレス(任意)

ご感想

  
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ ページボトム