ウララボ

> >
ウララボ

上野の東京都美術館へ。

上野の美術館行こう!とは院長氏。
お越し頂いている方が入賞されたらしく書道展観に行きたいのだとの事。

おほういいねい。美術館久しぶりだ。と上野の東京都美術館へ。
入館後、まずは索引を調べて見取り図に印付けると良いと伺ったらしく鉛筆でメモ。

色んな字体があるもんだなあ。このフォント欲しいなあ。などと言うていると、そういう事じゃない。とたしなめられつつ目的の作品を探すも見つからない。

あれれ?と3,4周したあたりで前にいたご婦人方が「聞いてみましょうそうしましょう。」と仰っていたので、仲間発見ついていこう!と後を追う。
さも同じ集団かのように受付の方の説明を聞き、見取り図の見方が判明し無事到着。

やっぱさ。ワシのとは違うものだな。と眺めていると、あなたが晩酌しながら裏紙に書いてるのとは違うでしょうに。これは作品であなたのは落書き。とまたたしなめられる。

その後、上の階もあるとの事で一通り眺め、入り口のグッズ売り場であれこれ買いそうになる衝動に駆られながらも振り切り撤収。

書道って一気呵成に書き上げるわけじゃないですか。コピーもペーストも消しゴムツールも使えないし、この一文字がちょっと、、って時もありそうじゃないですか。
すごいよなあ。と思うんです。

(総務@カラダラボ)

最終更新日:2018年8月29日


ご予約ナビ
> >

ご感想

当記事へのご感想は下記フォームよりお願い致します。
皆様からのご感想は全て読ませて頂いておりますが、件数が多い時は個別にご返事を差し上げることができかねる場合がございます。
また、お寄せ頂いた貴重なご感想は当サイト上で掲載する場合がございます。予めご了承ください。

当フォームからの「ご感想」はカラダラボへのメール送信となります。
ブログで一般的な「コメント」とは異なり、サイト上での即時公開はございませんのでご安心下さい。
お名前(必須)

メールアドレス(任意)

ご感想

  
カラダラボの期間限定 初回クーポン

監修:

カイロプラクター。女性専用カイロプラクティックオフィス「カラダラボ」院長。JCDC卒業後、国内外において現役で活躍されているD.C.(Doctor of Chiropractic)から学ぶ数々の個別実習やセミナー、勉強会等にて技術研鑽に励むとともに各所の治療院にて経験を積み、2007年、銀座にて「カラダラボ」をオープン。
日々のストレッチ指導や姿勢改善、妊産婦さんへの施術にも注力する。マイナビウーマンルナルナ他掲載実績多数。


ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ ページボトム 戻る