HOME > ケースファイル > 腰痛|20代 女性「腰痛・肩の重さがあり、2年半ほど気になっている。」

腰痛|20代 女性「腰痛・肩の重さがあり、2年半ほど気になっている。」


>>  カイロプラクティックのご案内はこちら

症状(腰痛)

腰痛、肩の重さを訴え来院、肩・腰ともにここ2年半ほど常に気になっているという状況。

腰は半年くらい前から段々と反らし難くなってきており、来院時は腰を反ると痛みが出現していた。

これからジョギングを始めたいので体を整えておきたい。との事。

初見(腰痛)

初回検査時、立位では頭の軸が左に寄り、それに引っ張られるように上半身の軸も左に流れていた。

座位では腰を丸めて座り、下部の胸椎から腰椎にかけて脊柱起立筋、腰筋は過度の緊張が見られる。

腰の後屈で上部腰椎に痛みが出現し、くしゃみでの痛みの増強は見られなかった。

長時間の座り仕事の際、左重心にて腰を丸める癖が長くあったと思われる。

施術(腰痛)

初回は仙骨へのアプローチで体の捻じれをゆるめ、上部頚椎とCT関節の軸を中心に戻すよう矯正。また、痛みが出現している上部腰椎を矯正し、左の腸腰筋をゆるめて左重心への再現を抑制。

立位・座位でも捻じれが強調されるため、体の中心を意識できるよう確認方法をアドバイスし、実践しながら日々の生活を送って頂くよう伝える。

2回目はまだ反りでの痛みがあったので、上部腰椎中心にアプローチを行い、3回目で痛みはほぼ消失した。

これからジョギングをはじめるとの事だったので、腰に関連するストレッチを実施してもらいつつ、定期的にメンテナンス中。

カイロプラクティックのご案内はこちら

HOME > ケースファイル > 腰痛|20代 女性「腰痛・肩の重さがあり、2年半ほど気になっている。」
ご予約ナビ<カラダラボのオンライン予約>

戻る
戻る
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ