HOME > ケースファイル > 腰痛|20代 女性「立ち仕事時の急激な腰の痛み」

腰痛|20代 女性「立ち仕事時の急激な腰の痛み」


>>  カイロプラクティックのご案内はこちら

症状(腰痛)

数日前、仕事をしていたら急に腰が痛くなった。

最初は腰と膝の前側に痛みがあったが、今は腰が特に辛く立っていると張っている感じがする。

初見(腰痛)

現在痛みは腰に限局しており、上半身は左への傾きがある。

ケンプテストは陰性。

腰から足先にかけての筋全体に緊張が見られ、体にも力が入りやすくなっている。

施術(腰痛)

中部胸椎・下部胸椎の矯正、周囲筋を緩める。

また、股関節に可動制限が見られるので矯正後、股関節屈筋の硬さが見られるので腸腰筋・縫工筋、大腿直筋も緩める。

さらに仙腸関節にも捻れが見られるため矯正後、下肢の筋肉の硬さが強く見られるので調整。

とにかく、体が全体がガチガチに硬くなっていた事に加え、股関節周囲の可動が減少していたため集中的に調整。

日頃の疲れも出ていたのか力が入りやすく抜けづらくなっていたため、起立時の姿勢や力を抜く等、生活習慣での改善点をアドバイスし実践して頂いている。

カイロプラクティックのご案内はこちら

HOME > ケースファイル > 腰痛|20代 女性「立ち仕事時の急激な腰の痛み」
ご予約ナビ<カラダラボのオンライン予約>

戻る
戻る
カラダラボの期間限定 初回クーポン
ネット予約<カラダラボのご予約ナビ>
マイページログイン
ページトップ