初カイロ 初回クーポンのご案内昼の初カイロ 初回クーポンのご案内s

マタニティ・妊娠中|30代 女性「妊娠4ヶ月。立ったり座ったりする際や、前屈みになっても痛みが出る。」

症状(妊娠中の腰痛)

妊娠4ヶ月目に来院。

前日に顔を洗おうと前屈みになったところ、腰に痛みが走ったとの事。

また、立ったり座ったりする際や、前屈みになっても痛みが出る。

前年行った引越作業中にも同様な状態になったことがあり、前日より来院当日の方が痛みが強い。

初見(妊娠中の腰痛)

姿勢の検査を行ったところ、立位では上半身が左に流れており、腰部が左凸にカーブし、左に重心がかかっている。

座位では腰椎・骨盤部を後方に倒して座っている模様。

左の仙腸関節に圧痛があるが、くしゃみでの痛みの増悪は見られない。

首の可動域は正常だが、左回旋がより回し難い。

施術(妊娠中の腰痛)

1回目は骨盤部にアプローチ。

腰部の左凸と骨盤部のアンバランスを調整して、左仙腸関節にかかる負荷を減らし改善を図りつつ、緊張が見られる梨状筋・腸腰筋・中殿筋を整え骨盤の捻じれの再現を防ぐ。

妊娠中なのでお腹への負荷はかけないよう注意しながら施術を行い、日々の動作では前に屈む時は膝を曲げて行うようにして腰への負荷を減らして頂くようお伝えする。

2回目、腰の痛みは消失。

痛みは消えたが、腰椎・骨盤のアンバランスは残っているので引き続き調整実施。

妊娠中には日々体にも変化があります。体重の支え方にも変化が見られますし、ホルモンの作用によって関節も緩みやすくなっています。バランスをとりながら快適なマタニティライフをお送り下さい。

マタニティカイロプラクティック - maternity chiropractic
妊娠中のカイロプラクティック 「妊娠中にカイロプラクティックを受けても大丈夫ですか?」とのお問合せをお受けします。 答えは<可能>です。現在カラダラボでも妊娠初期(※1)からお腹が大きくなった方までお越し頂いております。...


トップへ戻る